SPIの出題範囲

ポイント

▼ ここからは詳細な説明 ▼

ダントツの第一志望がある場合に、特定のテストの勉強を!

まずは「SPI3」をキチンと対策して、多くの企業の通過率を上げましょう!
SPI3の出題範囲(言語、非言語、英語、性格)

SPI3以外にも「玉手箱」「TG-WEB」「Web-CAB」「CUBIC」「TAP」「SCOA」「TAL」など、他のテストも多数ありますが、 全体のシェアを考慮すると、SPI3を重点的に対策するのが、多くの就活生にとっては最良です。
(残りの時間は、業界研究や面接対策に、時間を割いた方が就活を有意義に進めることができます。)

ダントツの第一志望があって、その企業がSPI以外を使っている場合、そちらも対策されると良いかと思います。
(当サイトはSPI3とWeb-CAB以外は対応していないので、書籍などを参考になさって下さい!)

対策優先度順に効率よく勉強する

10 60 0 3 50