TOP > SPIについて > SPIについて何でも回答する! > SPIの出題範囲の意図

SPIの出題範囲の意図

ポイント
  • 実際の「ビジネスの場」「生活の場」が試されています!(*´∀`*)

▼ ここからは詳細な説明 ▼

回答

中学校、高等学校で学習した内容を振り返ってみると、(私は問題を解くのが好きなので面白かったのですが・・・) あまり使わない知識も貯め込んだように思います・・・(ノ∀`;)

卒業した後一度も使用していないのを考えてみると、
「微分」「積分」「複素数」あたりは使ったことが無いですね。(多分ですが)
私はシステムエンジニアなので、高校で数学勉強しといて良かった~と思うことは多いほうだと思うのですが。

一方、SPIの出題範囲は、実際の「ビジネスの場」「生活の場」で使う可能性のある内容が多いと思います。

  • 損益算
  • 物を他社から購入し、自社で加工したあとで、また他社に販売する。ビジネスの基本ですね。
  • 確率
  • 物事の分析の基本ですね!(*´∀`*)
  • 代金の精算
  • 飲み会で代金を多く支払わされないために!(ノ∀`;)
  • PERT法
  • プロジェクトの計画を立てる際に・・・

SPIの学習は、そのまま実際の「ビジネスの場」「生活の場」にも使える、というわけです。
是非、楽しんでほしいです(*´∀`*)

対策優先度順に効率よく勉強する

10 60 0 3 60