TOP > SPIについて > SPI非言語の対策方法

SPI非言語の対策方法

ポイント
  • 最速解法をマスターする(*´∀`*) ・・・ほぼ全ての非言語
  • 他を対策して時間を残す ・・・ 表の読み取り資料の読み取り長文読み取り計算、 (問題パターンに慣れた方が良いので、現代文の長文読解よりは対策価値があります。)

▼ ここからは詳細な説明 ▼

SPIの最大の特徴は、短時間で多くの問題が出題されることです。
したがって、「問題を最も素早く解く方法」つまり「最速解法」をマスターすることが大切です。

効率的な学習方法

短時間で学習効果を上げるために、分からない問題は考え込むのではなく、すぐ解説(最速解法)を確認して下さい。 理由は後述します

この方法は、特に非言語が苦手な方にオススメです。
問題文を理解して(自力で問題を解かずに)そのまま解説を読むだけで十分効果があるので、ご安心下さい!(*´∀`*)

一度理解しても「これは忘れるな・・・」と思ったら、 タグ(ふせん)を「黄」や「赤」にして、マスターするまで繰り返し演習しましょう。

分からない場合、すぐに解説を確認する理由

「非言語(数学)は自力で考えるから、理解が深まるんでしょ?」という意見を言う人がいます。
勿論その通りです。(*´∀`*)

しかし、その意見には「時間効率を完全に無視すれば」という大前提があると思うのです。

時間をかけて考え抜いて正解したとしても、それは最速解法ではないこともありますし、
非言語が苦手な人が「立往生」してしまうと、とんでもない時間ががかかってしまいます。

こういったケースを考慮すると、分からない場合、すぐに解説(最速解法)を確認した方が効率が良い場合が多いのです。

就活中は本当に時間が限られています。
当サイトでは「少ない時間でいかに効率良く学習するか」を『SPI対策の大原則』だと考え、すぐに解説を確認する学習方法をお薦めしています。

ちなみに、私は問題を解くのが好きので、自分で解くのは楽しいんですけどね・・・(*´∀`*)
でも、それと学習効率のことは「別問題」ってことです。

10 40 0 3 10