TOP > SPI非言語 > 場合の数 > 最速解法&例題

最速解法&例題

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
20
ポイント
  • 順列と組合せの公式は確実に!・・・例題1例題2
  • 「少なくとも・・・」ときたら「問題文と反対の条件の場合の数」を考え、全体の総数から引こう!・・・例題3

「場合の数」最速解法 図1 Copyright (C) - SPI無料学習サイト(SPI3対応)【Study Pro】

円順列の問題・・・問題4

椅子に番号が振られているかどうかで状況が違う!
番号が振られていない場合は、相対的な位置関係が合致するものは「同配置」と見なされる。

「場合の数」最速解法 図1 Copyright (C) - SPI無料学習サイト(SPI3対応)【Study Pro】

例題1

1、2、3、4の数字が書かれた4枚のカードがある。この4枚から3枚を並べて3桁の整数を作るとき、何通りの作り方があるか。

  1. A3通り
  2. B6通り
  3. C12通り
  4. D24通り
  5. E36通り
  6. F48通り
  7. G60通り
  8. H120通り

例題2

ある高校の吹奏楽部は、文化祭でコンサートを開くことになり、8曲の中から演奏する曲を選ぶこととした。 このうち3曲を選ぶとすると、その選び方は何通りあるか。

  1. A14通り
  2. B18通り
  3. C28通り
  4. D36通り
  5. E56通り
  6. F72通り
  7. G108通り
  8. H144通り

例題3

男子4人と女子3人の計7人のグループがある。このグループの中から2人の代表を選びたい。 このとき、男子が少なくとも1人は含まれるように選ぶとすると、その選び方は何通りか。

  1. A3通り
  2. B6通り
  3. C9通り
  4. D12通り
  5. E18通り
  6. F24通り
  7. G36通り
  8. H72通り
前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
20

「最適学習モード」と「手書きメモツール」が備わった、超効率的SPIスマホアプリ(By Study Pro)を是非ご検討下さい!(→ 更に詳しく

20 4 30 20 0 1 10
  • トップページ
  • SPIについて
  • SPI言語
  • SPI非言語
  • SPI英語
  • CAB
  • スマホアプリ版

学習メモ

学習メモ