TOP > SPI非言語 > 表の読み取り > 最速解法&例題

最速解法&例題

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
15
ポイント
  • 複雑な計算をする場合が多い!筆算を素早くできるように!
  • 割合(%)が出題されることが多い!何を基準とした割合なのかを常に意識!「割合×割合」も押さえておこう!

WEBテスティングでは電卓が使えますが、ペーパーテストやテストセンターでは電卓を使えません。


【割合×割合】

ある割合の中の、更にある割合を求める場合は、割合を掛け合わせます。
例えば、対象全体の中の高校生の割合が40%で
高校生の中の男子の割合が60%のとき
対象全体から見たときの高校生の男子の割合は、次のように24%となります。

  1. 式)0.40×0.60 = 0.24 → 24(%)

この考え方は、割合の計算でも勉強しますが、表の読み取りでも必要な知識なので、ここでも紹介しておきます~(*´∀`*)

例題1

下表は、P県、Q県、R県の耕地面積と、その内訳を割合で示したものである。

P県Q県R県
耕地面積78000ha35000ha
13% 32%
果樹地29% 15%
牧草地21%22%18%
その他37%24%35%

(1)Q県の果樹地の耕地面積が9800haのとき、Q県の田の耕地面積の割合は何%になるか。

  1. A19%
  2. B20%
  3. C21%
  4. D22%
  5. E23%
  6. F24%
  7. G25%
  8. H26%

(2)R県の田の耕地面積が58240haのとき、R県の耕地面積は何haになるか。

  1. A182000ha
  2. B194000ha
  3. C206000ha
  4. D218000ha
  5. E230000ha
  6. F242000ha
  7. G254000ha
  8. H266000ha
前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
15

「最適学習モード」と「手書きメモツール」が備わった、超効率的SPIスマホアプリ(By Study Pro)を是非ご検討下さい!(→ 更に詳しく

15 4 30 70 0 1 10
  • トップページ
  • SPIについて
  • SPI言語
  • SPI非言語
  • SPI英語
  • CAB
  • スマホアプリ版

学習メモ

学習メモ