TOP > SPI非言語 > 資料の読み取り > 最速解法&例題

最速解法&例題

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
15
ポイント
  • 「資料をざっと見る → 選択肢を見る → 資料を細かく見る」の手順で解こう!
  • 確実な得点源!ケアレスミスには十分注意しよう!

【効率的な問題の解き方】

① 最初に資料をざっと見て「何がどこに書かれているのか」を把握する。
② 選択肢を見て、必要な情報を確認する。
③ 資料を見て、必要な情報を取得する。

※ ただし、資料の情報が少ない場合は、①の段階で全て覚えた方が効率的です。
臨機応変に対応して下さい。


【ケアレスミスに要注意】

このような分野の対策として「素早くことがポイント!」としている参考書がとても多いのですが・・・
大変恐縮ですが「的外れ」です・・・m(_ _)m

そもそも、試験を受ける際に「マイペースでノンビリ」なんて人、いないでしょう。
それぞれ、それなりに緊張しながら「スピード感を持って」解いているはずです。

でも、文章を読むスピードには個人差があって、素早く読める人もいれば、素早く読めない人もいます。
これを無理に速めようとすると、ケアレスミス連発で大変なことになります。

では、どうするか?
その解は、「他の分野で回答時間を短縮して、これらの分野に回答時間を残す」です。
他の分野は解き方を知っていると「考え込む時間」が無いので、時間的に差をつけることができるんですよね。

ということで、他の分野をキチンと対策して、これらの分野はケアレスミスに注意して解く というのが「正しい対策」「理に叶った対策」であると言えるでしょう。(*´∀`*)

例題1

[ 1泊2日ツアーの旅行代金 ]
ホテル出発日(曜日)旅行代金朝食付きプラン
Aホテル月~木・日18000円1000円増
20000円
22000円
Bホテル月~木・日20000円2000円増
21000円
22000円

◎ 出発日が4月27日~5月5日は全てのプランが4000円増となる。
◎ キャンセル料は、出発日の21日前までは無料、20日前~8日前までは旅行代金の20%、7日前~2日前までは旅行代金の30%、前日は旅行代金の60%、出発日当日は旅行代金の80%である。

  1. (1)上の資料の内容と一致するものは、次のア、イ、ウのうちどれか。
  1. 4月5日(木)出発のAホテル朝食付きプランは19000円である
  2. 4月27日(金)出発のBホテル朝食無しプランは21000円である
  3. 5月6日(日)出発のBホテル朝食付きプランは26000円である
  1. Aアだけ
  2. Bイだけ
  3. Cウだけ
  4. Dアとイの両方
  5. Eアとウの両方
  6. Fイとウの両方
  1. (2)上の資料の内容と一致するものは、次のア、イ、ウのうちどれか。
  1. 5月12日(土)出発のAホテル朝食付きプランを前日にキャンセルした場合、キャンセル料は13800円である
  2. 5月21日(月)出発のAホテル朝食付きプランを15日前にキャンセルした場合、キャンセル料は9500円である
  3. 5月25日(金)出発のBホテル朝食無しプランを5日前にキャンセルした場合、キャンセル料は6300円である
  1. Aアだけ
  2. Bイだけ
  3. Cウだけ
  4. Dアとイの両方
  5. Eアとウの両方
  6. Fイとウの両方
前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
15

「最適学習モード」と「手書きメモツール」が備わった、超効率的SPIスマホアプリ(By Study Pro)を是非ご検討下さい!(→ 更に詳しく

15 4 30 80 0 1 10