TOP > SPI非言語 > 速度算 > 最速解法&例題

最速解法&例題

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
15
ポイント
  • 基本の3公式を覚えておこう!(いや。やはり無理に覚えなくてもてもいい。理由は後述。)
  • どのくらいの距離をどのくらいの速さで進む(縮める)のかを正確に把握しよう!
  • 「時間」と「分」を正確に使い分けよう!

【公式】

  1. 公式① [ 距離 ] = [ 速さ ]×[ 時間 ]
  2. 公式② [ 速さ ] = [ 距離 ]÷[ 時間 ]
  3. 公式③ [ 時間 ] = [ 距離 ]÷[ 速さ ]

公式①を意識しなきゃ使えない人
時速30kmで2時間走ったら、何km進むのかなぁ?ハテナ?そうだ!公式に当てはめて・・・みたいな人
多分、SPI受ける人の中には一人もいないでしょうね・・・(ノ∀`;)
なので、正直ページの無駄なんですが、どの参考書にもデカデカ載ってて「覚えろ!」みたいに書いてあるので、一応ね・・・。


【時間と分の変換方法】

「時間」→「分」

○.○時間を△△時間□□分に変換するためには、○.○の小数点以下を取り出して60倍します。
例として、2.15時間を△△時間□□分に変換してみましょう。0.15を取り出して、60倍するため、

  1. 式)0.15×60 = 9(分)

したがって、「2.15時間」は「2時間9分」と表せます。

「分」→「時間」

△△時間□□分を○.○時間に変換するためには、□□を取り出して1 / 60倍します。
例として、2時間24分を○.○時間に変換してみましょう。24を取り出して、1 / 60倍するため、

  1. 式)24×(1 / 60) = 2 / 5(時間) または 0.4(時間)

したがって、「2時間24分」は「2 + 2 / 5時間」または「2.4時間」と表せます。

例題1

Lは時速5kmでP地点からQ地点に向かって、Mは時速7kmでQ地点からP地点に向かって、同時に歩き始めた。
P地点からQ地点までの距離が32kmであるとき、LとMが最初に出会うのは、LとMが出発してから何時間何分後か。

  1. A1時間40分後
  2. B2時間後
  3. C2時間20分後
  4. D2時間40分後
  5. E3時間後
  6. F3時間20分後
  7. G3時間40分後
  8. H4時間後

例題2

下表は、P停留所を出発し、Q停留所を通ってR停留所に至るバスの時刻表である。

「速度算」例題1 図1 Copyright (C) - SPI無料学習サイト(SPI3対応)【Study Pro】

(1)PQ間の距離が15kmであるとき、PQ間の平均時速はいくらか。

  1. A50km / 時
  2. B52km / 時
  3. C54km / 時
  4. D56km / 時
  5. E58km / 時
  6. F60km / 時
  7. G62km / 時
  8. H64km / 時

(2)QR間の平均時速が54kmであるとき、QR間の距離は何kmか。

  1. A8.0km
  2. B8.4km
  3. C8.8km
  4. D9.2km
  5. E9.6km
  6. F10.0km
  7. G10.4km
  8. H10.8km
前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
15

「最適学習モード」と「手書きメモツール」が備わった、超効率的SPIスマホアプリ(By Study Pro)を是非ご検討下さい!(→ 更に詳しく

15 4 30 60 0 1 10
  • トップページ
  • SPIについて
  • SPI言語
  • SPI非言語
  • SPI英語
  • CAB
  • スマホアプリ版

学習メモ

学習メモ