TOP > SPI非言語 > 長文読み取り計算 > 最速解法&例題

最速解法&例題

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
15
ポイント
  • 「長文をざっと見る → 選択肢を見る → 長文を細かく見る」の手順で解こう!
  • 割合(%)が出題されることが多い!何を基準とした割合なのか意識しよう!
  • 計算は概算で済む場合も!臨機応変な対応を心掛けよう!

[ 効率的な問題の解き方 ]

① 最初に長文をざっと見て「何がどこに書かれているのか」を把握する。
② 選択肢を見て、必要な情報を確認する。
③ 長文を見て、必要な情報を取得する。

例題1

1990年から2010年までの日本の人口の推移を観察すると、1990年には1億2400万人、2000年には1億2700万人、2010年には1億2800万人となっている。 対前年人口増加率は、1990年には2.1%であったが、2000年には0.2%となり、2010年には0.0%となった。今後は増加率はマイナスとなり、人口は減少していく見込みである。 また、高齢化も問題視されており、65歳以上の人口比率は、1990年には12.1%であったが、2000年には17.4%となり、2010年には23.0%となった。

  1. (1)文中で述べられている内容と一致するものは、次のア、イ、ウのうちどれか。
  1. 1990年から2010年にかけて、日本の人口は毎年少しずつ増加している
  2. 2010年の10年前に対する人口増加率は、2000年のそれより少ない
  3. 2010年の65歳未満の人口は1990年のそれより少ない
  1. Aアだけ
  2. Bイだけ
  3. Cウだけ
  4. Dアとイの両方
  5. Eアとウの両方
  6. Fイとウの両方
  1. (2)文中で述べられている内容と一致するものは、次のア、イ、ウのうちどれか。
  1. 1989年の日本の人口は1億2000万人に満たない
  2. 1990年の65歳以上の人口は1000万人に満たない
  3. 2010年の65歳未満の人口は1億人に満たない
  1. Aアだけ
  2. Bイだけ
  3. Cウだけ
  4. Dアとイの両方
  5. Eアとウの両方
  6. Fイとウの両方
前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
15

「最適学習モード」と「手書きメモツール」が備わった、超効率的SPIスマホアプリ(By Study Pro)を是非ご検討下さい!(→ 更に詳しく

15 4 30 90 0 1 10
  • 学習状況
  • 学習状況
  • トップページ
  • SPIについて
  • SPI言語
  • SPI非言語
  • SPI英語
  • CAB
  • スマホアプリ版

学習メモ

学習メモ