最速解法&例題

前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
15
ポイント

仕事算では、仕事全体の量を[ 1 ]とおき、1日当たりの仕事量を分数で表します。
この考え方から、以下の公式が成立します。


  1. 公式① [ 1日当たりの仕事量 ] = [ 1 / かかる日数 ]
  2. 公式② [ かかる日数 ] = [ 1 ] / [ 1日当たりの仕事量 ]
  3. 公式③ [ 仕事量 ] = [ 1日当たりの仕事量 ]×[ 働いた日数 ]

それでは、例題で公式の使い方を確認しましょう。

例題1

ある仕事を仕上げるのに企業Aだけでは120日、企業Bだけでは60日かかる。企業Aと企業Bが合同でこの仕事に取り組むとき、この仕事を仕上げるのに何日かかるか。

  1. A36日
  2. B40日
  3. C44日
  4. D48日
  5. E52日
  6. F56日
  7. G60日
  8. H64日

例題2

ある仕事をするのに、Aさんは30日、Bさんは20日、Cさんは15日かかる。この仕事をAさん、Bさん、Cさんの3人でやったところ、Bさんが何日間か休んだので、仕事を終えるのにちょうど7日かかった。Bさんが休んだのは何日か。

  1. A1日
  2. B2日
  3. C3日
  4. D4日
  5. E5日
  6. F6日
  7. G7日
  8. H8日
前回学習日時
今回はじめて
学習状況
残学習時間
15

「最適学習モード」と「手書きメモツール」が備わった、超効率的SPIスマホアプリ(By Study Pro)を是非ご検討下さい!(→ 更に詳しく

15 4 30 250 0 1 10
学習状況 学習状況とは?ヘルプを見る
問題1(2人の仕事算)
  • 問題2(2人の仕事算)
  • 問題3-1(水槽算)
  • 問題3-2(水槽算、水を抜く)
  • 問題4(2人の仕事算)
  • 問題5(3人の仕事算)
  • 問題6(比の応用)
  • 問題7(4人の仕事算)
  • 最速解法&例題
    今ココ!
    • トップページ
    • SPIについて
    • SPI言語
    • SPI非言語
    • SPI英語
    • CAB
    • スマホアプリ版
    学習メモ

    学習メモ