• 非言語15問
  • 言語15問
  • 性格10問
  • 英語5問
  • 構造把握5問

就活の適性検査として代表的な「SPI」。 このうち約70%のシェアとなる「テストセンターSPI」について、 「どのような問題が出題がされるのか」「どのような対策が効果的なのか」、問題例とイラスト付き解説を添えて説明します。 就活中の忙しい時期とは思いますが、一つの道標としてお役に立てれば幸いです。

【STEP1】SPIとは?

SPIはリクルートマネジメントソリューションズ社が開発した適性検査で、年間204万人(2019年実績)が受検しています。 実施形態は複数ありますが、テスト会場のパソコンで受検する「SPIテストセンター」が主流で、全体の7割を占めます。 シェアは年々増加しているため、現時点ではSPI対策 = SPIテストセンター対策と考えて良いです。

【SPIの実施形態】

実施形態名 説明
ペーパーテスト 採用企業の会場で行うマークシートの試験です。
テストセンター 専用会場のパソコンで受検する形態です。
インハウスCBT 採用企業の会場のパソコンで受検するテストです。
WEBテスティング 自宅や学校のパソコンで受検する形態です。

試験内容は大きく「性格検査」「能力検査」に分かれます。
更に、能力検査は「言語」「非言語」に細分化されます。
※ 能力検査には「英語」「構造的把握力」というオプション検査が追加されることもあります。

【SPIテストセンターの検査内容】

検査名 時間 問題数
性格検査
▶ 質問紙法の性格テスト
約30分300問
能力検査 言語
▶ 国語問題

非言語
▶ 論理・数学問題
約35分受検者によって変わる
英語(オプション検査。無い事が多い)
▶ 中学・高校レベルの英語問題
約20分
構造的把握力(オプション検査。無い事が多い)
▶ 文章の構造が似ているものを選択肢から選ぶ
約20分

能力検査はIRT(Item Response Theory:項目反応理論)方式が採用されており、問題数・難易度が受検者によって変わります。 簡単に説明すると、【正解 ▶ より難しい問題を出題】【不正解 ▶ より簡単な問題を出題】を繰り返し、より受検者の能力を正確に測定するシステムです。

【STEP2】能力検査の対策方法

適性検査自体に「本来の能力を正しく測定すること」が求められるため、一部の出題範囲は対策が難しくなっています。 例えば「長文読解」「表の読み取り」等の分野は『文章を読むスピード』『一時的な記憶力(=ワーキングメモリ)』が問われるため、かなり対策が難しい傾向があります。 しかし「語句の用法」「場合の数」「集合」は『知識』『数学的な考え方』に関する内容なので、積み重ねで対応できます。

「対策しても意味が無い」「対策しないで受験した」という声も一部ありますが、これを鵜呑みにしてチャンスを逃すのは勿体無いです。 多くの人にとっては人生を左右する決断になるのですから、理想の企業に少しでも近づけるよう前向きに取り組んでみましょう。

最も理に適った対策方法は
「対策しやすい分野」を優先的に対策し解くスピードを上げ、
「対策しにくい分野」(長文読解など)に時間を残して丁寧に解くこと、
によって総合点を上げることです。

MEMO

WEB上には色々な情報がありますが、発信元の企業・人物の「立場」「目的」をよく考えるようにすると、より正確な情報に近づける場合があります。 これは企業に就職した後も大変重要なことなので、もし良かったら参考にしてみて下さい。

もっと詳しく知りたい方はこちら
言語・非言語・英語の出題範囲

【STEP3】性格検査の対策方法

性格適性検査は、職種や企業風土等に合うか否かを測定しているため、それぞれに応じた好ましい回答があるのは事実です。

職種は
【例】システムエンジニア
「考えるよりやってみるほうだ:×」「じっくり考えることが好きだ:○」
【例】営業職
「何事も結果が大切だ:○」「野心は少ないほうだ:×」
【例】経理
「フットワークが軽い方だ:×」「落ち着いて1個の事に取り組む方だ:○」
のような形です。

企業風土は、
【例】結果重視の企業
「思いやりがないのはよくない:×」「不合理であるのはよくない:○」
【例】協調性重視の企業
「思いやりがないのはよくない:○」「不合理であるのはよくない:×」
のような形です。

しかし作為的に回答し過ぎるのはあまりお薦めできません。

というのも、テストセンターSPIの結果は複数の企業で使い回すことが普通ですが、 全ての職種を考慮した回答はできませんし、カラーの異なる全ての企業に合わせるのも難しいからです。 また、入社後にミスマッチで悩むことになるかもしれません。

正しい対策法は「逆」です。つまり、自分の性格に合った職種・企業をしっかり選ぶことです。 その方が選考も通りやすいですし、入社後の満足度も上がるでしょう。

ただし、あくまでこれらの前提の上でですが、正直過ぎるとかえって危険な場合もあります。 これは面接で全ての本音を話してしまうと、社会常識が無いと判断されてしまうことと同じです。 特に、自分が少し極端な性格かもしれない(例えば、神経質すぎる/頑固すぎる/悲観的すぎる/自信家すぎる・・・etc)という自覚がある場合、 「面接の受け答えだと思って回答する」「社会人となった自分をイメージして回答する」を基準に回答すると、 自分のパーソナリティを維持しつつ、より好印象を持ってもらえる場合が多いです。 30分で300問解く必要があるため、1問に掛けられる時間は6秒です。全問回答を目指して下さい。

それでは、皆様の就活の成功を心より応援しております!